こぎん刺しコースター 1枚

津軽に伝承される刺し子「こぎん刺し」
使えば使うほど味わい深くなるこの伝統工芸品は元々農家の女性が刺し、着物を厚くしたり強度を増したもの。
生き抜くために作り上げた技術は女性ならではのオシャレが加わり、どこか北欧を思わせるようなデザインになりました。
今回ラインナップしたのはコースター。
普段使いからちょっとした来客時にお使いください。

こぎん刺しとは?
「江戸時代、津軽の農民は木綿の衣料を着る事が許されませんでした。何を着ていたかというと麻でした!ご存知の通り青森の冬はとても寒いです。そこで農村の女性たちは、保温と補強のために、麻の生地の要所に木綿で刺子を施していたそうです。そしてどうせやるならばキレイな模様にしたいと競って美しいこぎんを刺す為に努力したそうです。多様変化を見せる幾何学模様は一針一針丹念に刺し続ける北国の女性の繊細さと力強さを象徴している、日本が誇る伝統工芸であるのです。」
出典:こぎん刺しのお話 こぎん展 | katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

¥ 600

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパケット

    全国一律 250円

※18,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。